LILYの日々感じたこと 伝えたい事を 今、ここに
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
秋の北海道!有り難うございました◯ part 1

8月4日に香川を出発して、 一昨日無事に家に戻りました。
すっかり、涼しい→寒い!に変わり、すぐに愛しの撒きストーブに火を入れました◯
はぁ〜〜〜 この家の何でもない日常の感じ。本当に有り難いこと。

ずーーーーっと、手をつけられなかった「パ・ソ・コ・ン・作業」、、、
尚登とともに家の土間にてスタート!
あ、尚登がいきなりうたた寝してるし。。。

秋の北海道ツアー ♢ 本当にありがとうございました♪
湿気が全然なぁーーーい!! 全てが、ひらけてる〜〜っ!
夏〜秋の北海道にまた来させてもらえて本当に有り難いです。
今回も人々、自然、気づきとの新しい出会い、再会、全てに癒され、学び多きひとときでした。 

今回は、道北の豊富、苫小牧、札幌にてライブ&音ヨガをさせて頂きました。
part 1では、苫小牧&札幌のライブ報告をさせて頂きます。

*************************************





8月23日(日)
初めて訪れる地、苫小牧、Bar OLD。そして、サットンとの再会にワクワク♬
札幌より車で1H30、Bar OLDに到着!
オーナーのクロゴメさんは、とってもオープン明快な方、スープカレーをこよなく愛する面白い方でした!
北海道の方は、こんなにスープカレーが物凄く大好きなんだ。だからスープカレー屋さんが一杯あるんだ。
なんて勝手に思ったり。

今回は、Guest Musicianにモールチャング(口琴)奏者の井上悟さんこと、サットンを迎えての
「インド音旅」ライブをさせて頂きました。




− ♬ ー
私自身、サットンと会ったのは3、4年前。
インドへ向かう乗り継ぎでの一瞬のみで、挨拶をしたくらいだったので今回は、初対面に近い感じだった。
しかし、今回のライブでの彼のモールチャンの響きを通して、サットンの人柄やモノの捉え方、
向き合い方がグングン伝わってきたことが印象的でした。素晴らしいなぁと感動しました◯

サットンのモールチャングと尚登のドーラックによる再会の1曲もあった。
久々の再会を音で確かめ合って、会話してる。それが、とてもよかった。
とても和やかなライブでした。お越し下さった皆さんとの距離も近く、温かく包まれるようでした。
ご来場、心よりありがとうございました◯




ライブの後は、みんなでスープカレー屋さんに行きました。私は、やっぱりインドカレーを食べました。
「苫小牧には、スープカレー屋さんが1店舗しかないから札幌はいいな〜」とクロゴメさんがつぶやいていました。
おわり。

********************************************






8月25日(火)

1年前のトモエ幼稚園で出会った美容師をされている弥生さん。
なんとも柔らかで昔からよく知っている仲のような和む雰囲気を持っている。
今回は、弥生さんの旦那様のお店。
おいしいオーガニックワインとハンドポンプで注がれる箕面ビールのある
Bar mino にて、『インド音旅・ジプシールーツの踊り』というタイトルで
札幌在住のラジャスタニダンサーの Madhu と尚登と私の3人でライブさせて頂きました。
私たち3人が出会い、学びを深める地、インド ラジャスターン州
ジャイサルメールの宿の屋上でいつか日本で一緒にライブして、
この胸が高鳴る熱いバイブレーションを伝えたいよね〜!!!
と盛り上がりまくっていたこともあり、今回形になったことは本当に本当に
嬉しいかった。当日の3人の熱すぎる情熱は、砂漠仕込みでした。笑。

Madhuの切れのある華やかな踊り、客席の皆さんも途中、身体が踊り出しそうでした〜!!
とてもとても楽しいライブとなりました。
オーナーのミノさんのさらっとした、細やかな気配り本当に有り難かったです。

お越し下さった皆さま、本当にありがとうございました♬
また、3人でやりたいです。うふふ。



***********************************



9月5日(土)
[ Indian Music♢Female Vocal Night with Tabla ]と題して、
札幌円山の「cafe & space kunka kunkaにて。
札幌在住のドゥルパッド声楽家中井すがたさんとタブラ奏者の黒田真介さんと
尚登と私の4人による2部構成でのライブをさせて頂きました。
同じインド音楽、ボーカルでも様々なスタイル、流派があり、全然違うから面白い! 
インド音楽のライブで1部も2部も女性ボーカルってなかなか無い機会で嬉しい。
とてもよい刺激をもらいました。
1部が北インド古典音楽の中で最も歴史があり瞑想的な音の世界を持つ「ドゥルパッド」を
すがたちゃんのボーカルとクロちゃんのタブラで♬
外に音は響いているけれども、まさに内なる探求そのもの。そんなドゥルパッドのスタイル。
すがたちゃんの伸びやかな声が音を紡いでいきます。
ドゥルパッドの伴奏は、パカワジという両面太鼓が主となるけれど、今回はタブラ奏者のクロちゃんが
パカワジをイメージした丁寧な演奏をタブラで表現されていました。
音響を使わず、生の音の響き。やはり気持ちよいですね。




2部は、北インドの宮廷で栄えた煌びやかなキャヤールスタイルのヒンドゥーの讃歌「バジャン」
ジブシーのルーツと言われるラージャスターン沙漠の
音楽を尚登とLILYで ♬
この日は、ちょうど
「Janmashtami」というインドのヒンズー教の神様、クリシュナの誕生祭でした◯
クリシュナの愛のパワ−溢れんばかりにクリシュナにまつわる曲を中心に演奏させて頂きました。
インド以外の国でもクリシュナのお寺に足を運ぶ事が何故か多く、何度クリシュナのご飯屋さんに助けられた事か。。。
ありがとう。クリシュナ〜〜〜〜♡




kunkakunkaのスペースではカフェ以外にも、様々なイベント、教室、展示など盛りだくさんですヨ!!
オーナーも裕子さん自身がとても楽しんでられて、それが伝わってくるカフェです。
ヨガクラスも気持ちよさそうです〜〜☆

お越し下さった皆さま、心よりありがとうございました◯
インド、音楽を通して沢山の方と出会うことができて本当に幸せです。

感謝いっぱいに
LILY

**************************************




次は、道北の豊富 です〜〜〜!!
つづく。







 
MUSIC comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lilyom.jugem.jp/trackback/216
<< NEW | TOP | OLD>>