LILYの日々感じたこと 伝えたい事を 今、ここに
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
雪降る北海道 最北端の温泉地 豊富 編 (2−2)
続き。

次の日、いざ!! まなみんの住む豊富へ〜〜☆
まなみんとは、愛知県出身の同士であり心友。
ずっと前にヨガを通して名古屋で出会い、いつも色んな気づきや刺激をもらう尊敬するひとりの女性。

まなみんが体の不調の結果、今年の元旦より決めた移住先
それが豊富温泉。
温泉活性化を目的としたプロジェクト 「温泉おたすけ隊ねこのて」のスタッフとして
ヨガをはじめ、様々な活動のサポートを受け持つ。もうすぐ1年が経つんだね。

まなみんは、しっかりと北の大地に立って生き生きと地元の人、
豊富温泉に来られた方々と関わりあい、心一杯生きていた。
ああ、素晴らしい姿を見せてもらった。ありがとう。

今回、一緒にヨガと音のコラボレーションクラスを豊富町定住支援センターにてさせてもらった。
まなみんのガイドによるヨガからはじまった。
溢れ出る言葉たちは人々の心に深く落ちる。
辛さや痛みの経験を通して生まれることば や フツフツと沸き上がる底力のコトバ!
まなみんの心は、本当にあったかい。

、、、そこに少しずつ 音の粒たちが重なっていく。 
楽器や声が空間を自由に伸縮し、それぞれの個々可能性の扉をノックする。

ヨガにも様々な流派や目的がある。
今回は、自分の中に在る可能性を知り、動かしたがっている箇所に気づきながら丁寧に動かし、
心に寄り添うような内容だった。
窓の外、雪降る風景と間にある静寂 が印象的だった。

ご参加下さった皆さま、サポートの皆さま、そしてまなみん
本当にありがとうございました。
 


合間にお散歩タイム☆
利尻礼文サロベツ国立公園サロベツ原生花園に連れて行ってもらった。


すごい。覆うものがなにもない。その姿は、偉大だ。
生かされている。本当に有り難い。

冷たい空気がシャキッと気持ちを引き締める。
こころは、ほっこりと。
植物たちの移ろい、鳥のさえずり、小さな動物の足跡、、、そして、私たち3人の歩く音 

はかりしれない偉大ものたち、ちから、人間、今、ともにどう生きるか?





まなみんが愛知のみんなにも是非、来てもらいたいって!

***************************

そして、車で幌延へ
夜は、法昌寺のとんこり堂にてインド音楽会をさせて頂きました。
沢山の方にお越し頂き、好評頂きました。 
本当にありがとうございました。



仁くんと3ショット!
ニュー温泉閣ホテル3代目見習い & 面白いこと企画人☆
要チェック人物です。
ライブは、仁くんとえぞりゅ〜のお二人にPA(音響)して頂きました。
細部までこだわった音作り、バッチリ!めちゃ気持ちよかった〜♪
どうもありがとうございました!!



最後は、ご住職に締めて頂きました!!
みんな一気に笑顔に〜♬ 


ご住職の奥さまの順子さん。
こよなく、音楽と自然を愛する素敵な女性。
ライブ後にダルシマーとタブラのセッションが始まりました〜♪
次回は、ライブ中に〜☆ 乞うご期待です!


順子さん特製 クチコミ カレー !
皆さん、すっかり気分はインドでした〜☆


あ〜最高、美味しかった。ご馳走さまでした。


次の日、朝がゆをいただきながらご住職と順子さんのお話に釘付け。
大鷹の翼音のおはなしや鶴のはなし、パンケ沼のおはなし、、、すごい。 
グングンお話しに引き込まれる。。。鳥肌が立ちました!
これは、沢山の人に是非、聞いてもらいたい!
すっばらしいお話たちでした。もっと聞きたい〜♬ 
幌延の暮らし、共存、自然の力、静寂という音、、、心に響きました。
本当にお世話になりました。ご縁に感謝を込めて。

再会を約束し、順子さんのお話にでてきたパンケ沼に向かいました!!

はじまり。


一本の木道のみ
誰もいない。 なんともいえない波動に包まれる

今、を味わいながら静かに丁寧に歩く




すべてと一体となる
時折、声が溢れ出す



笛の音色
風となって この広い地球とともに響きあう


全ての生命の命 「種」を感じる!



わたしたちの体内にも外の世界にも 水は流れる


生きる姿が前を向いていて、深い根底は活力に満ち溢れてた。
この壮大な自然の中で、出会えた事が本当に嬉しいです。
目に見えないものも、すべて生きている。
自然と共に生きたい。
本当に楽しかったです。
すべてにありがとうございました。

そして まなみん、いつもありがとう。
心を風にのせて、

LILY
 
MUSIC comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lilyom.jugem.jp/trackback/211
<< NEW | TOP | OLD>>