LILYの日々感じたこと 伝えたい事を 今、ここに
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Desart Festival 砂漠祭の舞台裏
 
一気に真夏の雰囲気になってきたジャイサルメール。今日もシャンティです。
この間、っていっても一週間くらい前に砂漠祭が3日間行われました。
毎年恒例で、その時期に合わせて観光客(とくにインド人の)が一気にやって来て、
さーっといなくなります。 

1日目。あまり考えずにいつものように朝のチャイを大通りの方にのみに行くと
こんな風景になってた。





この人は、多分ひげコンテストの人だと思う。背中には亀仙人の甲のような鉄で出来た
何かをしょっている。近くで見ると髭の先がクルクルに
まかれてて鏡でこまめにチェックしてる様子が伺えられる。
みんなとてもおしゃれ。ラクダくんもこの3日間は、ひたすら頑張る。
ラクダくんの上で楽器隊が演奏してのパレード。
そして、その周りでLadyboy(おかまちゃん)ダンサー達が円になって踊る。
と行った様子だった。



日中の砂漠祭の会場に行こうかなと思ってたけど、これらを見れたので満足。
何故なら、日中の会場は運動場にすごい量のインド人で、すっごい暑い。日陰なし。笑
夜は、ラジャスターン州のフォークミュージックやダンサーの演目なのでそちらに行こうと。
普段村に住んでいる人たちのデコレーションや踊りが見れたりして、なんとも砂漠らしい。
3日目は、車で1H弱の砂漠で行われる。

2日目の夜のステージでナオトがアルゴザ(ダブルフルート)のタガラムさんのグループに
タブラで参加することになり、(前日、タガラムさんが宿にやって来て。出ることが決定した。笑) 舞台裏に入れたので、中の様子を今回アップしたいと思います。

裏にテントがあって、そこに色んな村からのすごい衣装の人々がいた。

尚登の笛の先生タガラムさんとデリーからやってきた生徒さん(バンスリー奏者)



みんな可愛い衣装で出番待ち。やたら携帯で一緒に写真を撮りたがる。笑
私も舞台裏をバシバシ撮りまくる。


マンガニヤールのおじいちゃん(歌、ハルモニウム)
とても古いハルモニウムで小さな声で歌ってた。
引き継がれていく伝統の深さ、温かさ、をここで生で感じられることに感謝。


若者の奏者も沢山。


馬くんの耳を直し中。



はい!直りました☆ 






スタンバイ中。日本では、見られない風貌です。
孔雀の役で、ステージでクルクル回りながら走っていました。笑



タガラムさんの息子さんの衣装を借りで、はい。マンガニヤール尚登 参上。
素朴な顔がインド人の濃い顔の中で、引き立ちます。笑



その瞬間に音楽がうまれる。


それを見る人たち。ぽっこりお腹がなんともチャーミングですね。



合間にボンベイから来たコメディアンのショーもあり、インド人が大盛り上がりでした。



いよいよ演奏が始まった〜♪ みきちゃんもカルタールで出演♫ バッチリきまってました!
 


最後に髭キングたちと一枚。
インド人に撮ってもらうと必ず写真がぶれる。
でも、撮ってくれたおじさんは、笑顔で凄く良いのが撮れたと言う。
インドってめちゃくちゃポジティブだ。。。



続く。
lilyXXX
DAIARY comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lilyom.jugem.jp/trackback/197
<< NEW | TOP | OLD>>